me_5.jpgme_5.jpg

me_1.jpgme_1.jpg

me_7.jpgme_7.jpg

me_3.jpgme_3.jpg

genki-h.jpggenki-h.jpg

me_6.jpgme_6.jpg

me_4.jpgme_4.jpg

me_12.jpgme_12.jpg

青砥屋〜ほつま高蒔絵シール〜の特徴

aotoya_banner_01.jpg

テーマパークを展開する大手キャラクタービジネス会社のデザインを手がけるデザイナーが最新トレンドを発信

「青砥屋」の母体となる(株)アオトクリエイティブはテーマパークを有する大手キャラクタービジネス会社等からデザインを委託される有名デザイン事務所。「青砥屋」のシールは、その最先端の仕事を担当する所属デザイナーが制作しています。

大手専門量販店のイベントでは1日38万円の売上記録!

「青砥屋」で販売するシールは、大手専門量販店の売場で大人気の商品。
『青砥屋パートナー店』と同様に、シール販売時にケータイなどに貼り付けるサービスを実施するイベントはいつも大盛況です。

様々な客層にマッチする品揃え豊富なラインナップ

最先端のファッショントレンドを加味したデザインで、様々な年齢や趣味嗜好に合わせた商品開発~展開を実施。「湯布院 湯の坪店」では、金融資産を有する団塊世代層のお客様にご好評をいただいております。

出店地域や特性に合わせた店頭アイテム構成

出店予定地域の顧客層やニーズに合わせて、店頭の商品構成を企画可能。
例.外国人観光客が多い →「和柄」を中心に展開

独立型店舗~既存店舗まで
壁面有効活用まで可能な可変的売場構築

所謂「脱サラ」の方向けの個人商店型店舗から、大型書店や携帯ショップの一角の有効活用まで、必要に応じた規模での自由に構築できる店舗ユニットシステム。

専用壁面什器でスピーディーな開業が可能

基本的な事務所内装が整っているか、大型書店や携帯ショップの一角など既存店舗の有効活用であれば、簡単な設置だけでスグに雰囲気のある店舗演出が可能な"専用壁型什器"システム。

販売+サービスで商品と感動と満足を届けるビジネス

「飽食=モノ余りの時代」、お客様はコミュニケーションや豊かさを求めています。モノを売るだけではなく、お客様と一緒に世界にヒトツだけのアイテムを作り上げることで感動と満足を届けます。


aotoya_03.jpg

毎年増え続けるケータイアクセサリー市場

今や身の回りの持ち物で一番接触時間と頻度が高いのが携帯電話といわれています。
それゆえケータイに自分らしさを演出するためのケーターアクセサリー需要は大きく伸び、市場は毎年大きく成長しています。ケータイの1人2台持ちや電子ブック端末やタブレットの低価格化により「青砥屋」のビジネスにとって強い追い風となっています。

ケータイは特に驚異的なリピーター率の高さ!

r_aotoya.jpgケータイは使用頻度も高いゆえ、デザインに対する飽きや衝突や摩擦によるシール剥がれメンテナンス需要が多くあります。
また、ケータイは人の目にも触れやすいので、友人との話題にもなりやすく、クチコミ効果でのご友人との来店のみならず、ケータイ以外のモノへの貼付にもつながりやすい特徴があります。

近隣ネイルサロンや美容院等からの顧客紹介による協業も可能!

「青砥屋」は"地域密着"というビジネスキーワードにも合致。
近隣のネイルサロンや美容院への外部営業を展開することにより、顧客紹介を得ていくことも可能なモデルです。

スタッフ募集と人材教育が楽にできるビジネス

デザインセンスがあるに越したことはありませんが、研修での技術習得は難しいモノではありません。
また、ネイリストとして雇用訓練を修了したけど開業には至っていない・・・という起業予備軍の方々にも好評なキレイに関わるビジネスですからスタッフ募集も楽に行えます。